2017年12月27日

東北に想いを寄せて

こんにちは!学生スタッフの岩井です。
昨日、井桁さんが年末を締めくくるブログを書いてくださったのですが、
滑り込みでどうしてもみなさんに伝えたいことがありまして…
こうして筆をとらせて頂きました!

みなさん、震災からもうすぐ7年。
最近の東北を知っていますか?

12月21日に、堤幸彦監督が手掛ける『Kesennnuma, Voices. 6』 の上映会、およびトークイベントが行われました!

IMG_0486.JPG


Kesennuma Voices とは
東日本大震災で、多くの命が奪われた町、気仙沼で、映画監督の堤幸彦監督が「映像に関わる者の使命」と、胸に秘めた思いをぶつけたドキュメンタリーシリーズです。2012年に1作目が公開されて以来毎年とり続けられています。
毎年同じ方からお話を聞くことで、震災後の気仙沼を定点的にとらえ、発信しています。

今回はシリーズ6作品目では、【死者への手紙】をテーマに、生存者の中だけで完結しない、新たなドキュメンタリーを制作されています。


早速上映会。

震災の映画と聞くと想像される、津波の映像や人々の凄惨なエピソード…とは違って

この映画には、それぞれの生き方や考え方が詰まっていました。

ただのお涙ちょうだいじゃない

震災を、悲惨な現実、目を背けたい過去、としてだけではなく

前向きにとらえようとする力強い人々の姿

『生存することと、生きることは違う』

生き残ったからこそ、自分の人生をめいいっぱい生きる姿がありました。


上映会の後は、堤幸彦監督、気仙沼プラザホテル支配人の堺丈明さん、気仙沼復興教会事務局長の千葉貴弘さんによるトークセッションが行われました。
IMG_0497.JPG

現在の東北のこと、これからの東北のこと、これからのかかわり方…皆さんのお熱い思いを語っていただきました。

一番心に残ったのは
『被災地 気仙沼から 港町 気仙沼へ』

という言葉です。
たしかに、震災に負けずに戦ってきた気仙沼。
まだまだ、映像を見る限り、復興しきれていない部分が多くあります。

その中で、徐々に自分の生活を取り戻したり、自分の生活を新しく始めた人々が今願うのは、

大好きな街気仙沼が元気になること、残された自分の人生をめいいっぱい過ごすこと。

私たちは、そこで起きた現実を忘れてはいけない
しかしいつまでも、被災地としてのレッテルをはるのではなく、同じ立場として、寄り添っていきたいなあと感じました。

IMG_0514.JPG

それではみなさん、よいお年をぴかぴか(新しい)

2017年12月26日

1年間大変お世話になりました。来年も大変お世話になる予定です。

こんにちは。

学生スタッフの井桁です。




世間の雰囲気はクリスマスから歳末

がらりと変わりましたね。



私は、クリスマス後〜大晦日の数日間が

1年の中で一番好きです。


虚無感に次ぐ虚無感。

忙しなさに次ぐ忙しなさ。

そんな空気の中で

どれだけポケーッ堂々と過ごすか。


そんな心意気でブログも書いております。


 IMG_20170111_130355.jpg


冬季休業期間のWAVOCの開室についてですが、


年内は明日1227までとなります。

開室時間は9:00~17:00です。


そこからポケーッと閉室になりまして、

年明けは19日から開室いたします。

時間は通常通りの10:00~18:00です。



みなさんお間違えのないようお越しください!



さて、今年も1年間ポケーッと、ゆるっと

ブログを更新してまいりました。

お楽しみいただけましたでしょうか。


学生スタッフの入れ替わり、

ワボプロなどの新規制度の導入、

サミットやフットサルなどの新規イベントの開催…。


 


様々な変化がありました。


WAVOCは来年も、

社会のために何かしたくてウズウズする!

という学生たちのサポートに精進いたしますので


どうぞ宜しくお願い致します。



bear (2).JPG


それではよいお年をお迎えください!






2017年12月22日

【★大盛況★】WAVOC SUMMIT開催報告

こんにちは! WAVOC学生スタッフの大橋です。

先日12/15(金) の5、6限に、WAVOC属するボランティア団体の交流を図るイベント、WAVOC SUMMITが開催されましたexclamation
当日は26人の参加者が集まり、イベントも大盛り上がりでしたexclamation×2

IMG_0385.JPG

今回のWAVOCサミットは5限6限一部二部に分かれて行いました。

第一部では参加者間の固い雰囲気をほぐすため、アイスブレイクとして割り箸ゲームをやりました。
割り箸ゲームとは、円形につなげた割り箸を7〜8人で支え、指を離さないように地面までおろすというゲームです。


ルールを聞くよりも、実際にゲームをやってみるとみんな指を離さないように息を合わせて箸を下げるというのはかなり難易度が高く、5分間の制限時間で、地面までたどりつけたチームはいませんでした(笑)どんっ(衝撃)

アイスブレイクの後は少し頭を使ったゲーム、「無人島ゲーム」でディスカッションを行いました。
無人島ゲームはとある設定を踏まえて、登場人物の中で誰が許せないかを考え、チームごとに個人の意見をすり合わせてチームの合意形成を図るゲームです。どのチームも議論が白熱し、なんとすべてのチームがそれぞれ違った答えを出すという結果になりました。


中でもWAVOC教員チームは個性の強い先生の考えが妥協を許さずぶつかり合い、激しく意見が飛び交っていましたパンチ


ここからは第二部が始まります。
第二部は、ボランティアセンターの主催ということで、ボランティアに関連した話題で話し合ってもらいました。テーマは「100年後のボランティア」。それぞれのチームが、100年後の未来を想像し、その未来に見合ったニーズ、課題を考えて、さらにそれに取り組むボランティア団体を作るというものです。


興味深かったのはどの団体も100年後の未来に「人とのつながり」が薄れることを課題に挙げ、交流系の活動に焦点を当てていたことです。 私たちにできるのは、そんな未来が訪れないように、AIなどの技術の発展によっても揺るがない「人とのつながり」の基盤を作っていくことではないかと思いました。


今回のWAVOC SUMMITはWAVOCプロジェクトの交流イベントとしての初めての試みで、企画段階ではなかなか難しかったところもありましたが、結果的に好評で学生スタッフとしては少しほっとした気分ですダッシュ(走り出すさま)
今後もこういった、WAVOC内、さらには大学内でのWAVOCを通じたつながりを広げ、深めるイベントをどんどん企画していこうと考えているので、是非!奮ってご参加ください。意見も待ってますひらめきひらめき

ではでは〜