2013年08月18日

高尾の森づくり、8月は流しそうめん大会!!


月に一回こげさわクラブのご指導を賜りながら、
高尾の森プロジェクトは、
森林ボランティアを行っています。

8月は普段作業を行っている山のふもとに降り、
冷たくて、美しいさわで涼みながら、流しそうめん大会を行いました!!

takao (10).jpg

まず、事前に調達した竹を割って、ふしをとり、組み立てます。

takao (2).jpg

薪を割って、火おこしして、鍋でぐつぐつめんを茹でます。

takao (4).jpg

高尾の湧き水で勢いよくそうめんを流し、
24人横並びになって、いただきます!

takao (9).jpg

デザートには、さくらんぼなどフルーツも流してみました。
コロコロと転がってしまうのですが、
何せ20人横並びなので、誰かつかめるだろうとチャレンジ。
終始楽しみながら、おいしいイベントとなりました。

takao (6).jpg


高尾の森で、豊かな自然をまもるために、
今後も保全作業に励みたいと思います!
次回の定例活動は10月20日で、
さわの清掃を予定していますので、
興味のある方はぜひ、ご参加ください。

(高尾の森づくりプロジェクト 天野 建)

2013年05月17日

田植え初め(学生NPO農楽塾)


早稲”田”大学なのに、どうして田んぼがないんだ?
DSC09112.JPG

そんな疑問からうまれた大隈庭園内の”わせでん”にて、
田植え式典が開催されました。

DSC09135.JPG

記念のひと植え!
DSC09165.JPG

すくすく成長することを願います!
DSC09210.JPG


2012年10月10日

わせでん・稲刈り式典

大都会、新宿に田んぼがあることをご存知ですか?

2004年、「なぜ早稲”田”なのに田んぼがないの?」
という素朴な疑問から大隈庭園にある田んぼ「わせでん」を開墾。
農楽プロジェクト(学生NPO農楽塾)の学生たちは
都心で「農」を実践しながら、
普段農業を経験できない人に、その機会を提供してきました。

本日、稲刈り式典の日を迎えました!

農楽(6).JPG

農楽(2).JPG

関係者の皆さんと収穫をお祝いしました。
コシヒカリという品種は、やはり美味しいからでしょうか、
背丈の高い稲穂はスズメにたくさん食べられてしまっておりました。


農楽 (4).JPG


代表の増田智美さんは
「スズメを肥えさせるほどに稲の被害がひどく、悲しみと怒りで辛いのですが、
へこたれず残っている稲を大事にして今後の活動体験などに活かしていきたい。」
とお話されていました。


これから稲刈りや脱穀のワークショップなどを通して
多くの方とともに収穫の喜び、農の楽しさを分かち合うとのこと。
皆さんもぜひ、わせでんへお越しください!

農楽 (3).JPG


天日干しのコシヒカリ、楽しみですね!

農楽 (5).JPG


posted by WAVOC at 18:54| Comment(0) | 国内:公認プロジェクト